road going among rocky cliff

47%が和式?

驚きのデータが出ました。

文部科学省の調査によると、全国の公立小中学校のトイレのうち、47%が和式だそうです。とはいえ、文科省は洋式を推奨しています。1985年に発足した日本トイレ協会は、1996年に「学校トイレ研究会」を設立した上で、学校トイレの5Kを改善すべきと提言を発表していました。5Kとは、汚い・くさい・暗い・怖い・壊れているという意味。しかし、学校トイレ研究会からの当時の文部省に対する働きかけは、まともに相手にされなかったらしい。学校を所管する初等中等教育局も、学校施設に関する政策を担当する文教施設部も、全く関心を示さなかった。トイレに目を向けなかっただけでなく、民間企業からの提案に応じること自体が、当時の学校教育行政にはタブー視されていたらしい。サトミツ&ザ・トイレッツが推奨する「学校で堂々とトイレに行ってウンチをしよう」という考えは、同級生からからかわれるのがイヤだといの事と同時に、5Kだから学校のトイレに行きたくない、という根深い問題もあるようですね。

https://blogos.com/article/493041/

投稿者:

管理人

ディレクターですし、トークライブの共演者ですし、たまに納品もするし、でも元々は「おはよう!スプーン」で博士を迎えてお喋りしておった男であります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください